バイオリンのような擦弦楽器で弦を振動させるための道具(?)

矢のと源は同じかもしれないが、蔓にあたる部分は馬の尾の毛を使っている。

形状も昔は矢のに近い物もあったようだが、現在は扱いやすさ、安定した音量を出すために形状が変化している。

本体の材質は弾力性のある木だが、現在はカーボンファイバー製の物もある。

全体の長さは楽器によって異なる。

毛には滑り止めとして松脂を擦り付けて使う。弾いた時に松脂が舞うのはつけすぎ。